本文へスキップ

富山で債務整理|とやま市民事務所に依頼して請求・督促をストップ!分割支払い可能

電話は0120-987-501

債務整理について >> 利息制限法に基づく再計算

利息制限法に基づく再計算SAIKEISAN

利息制限法に基づく再計算

利息制限法を超える契約で借り入れを行なっていた場合には、超える部分を元本の返済に充てる計算を行なうことができます。
その結果、明細に記載されている債務の額よりも、残債務が少なくなりますし、取引によっては、すでに債務は完済し終えていて、実は過払いの状態であるといった状況のお客様も多くいらっしゃいます。
その結果、債務整理を行なうつもりでいらっしゃったお客様でも、借金を支払う必要が無く、逆に貸金業者に対して不当利得返還請求を行なう状況になるかもしれません。

契約金利を利息制限法上の金利に計算しなおします

下の図は、金30万円を年29.2%で借り入れを行ない毎月1万円を返済していって、途中2回ほど、20万円を追加で借入れたため、平成24年7月に債務整理を行なった場合の取引を利息制限法18%での取引に計算し直した場合の一例です。
この事例では、債務が無くなって、さらには過払いの状態となっていますが、実際の取引においては、取引の金額、借入れ・返済の状況、金利や取引の期間によって、債務が無くなって過払いとなるのかどうかや、過払いの状態であっても過払い金の金額は大きく異なりますので、過払い金のイメージをつかむためのものとお考えください。

利息制限法に基づく計算の一例

この取引事例では、25万円位の債務が残っているものと思って債務整理を行なったのですが、利息制限法に基づく再計算の結果、40万円を超える金額の過払い金が発生する計算となります。

下記は取引履歴の例になります。

契約上の金利での取引履歴

利息制限法に基づく取引履歴

当事務所にご依頼いただけましたら、利息制限法に基づく再計算によって、お客様の債務の額が実際にはどのくらいの金額であるのかや、実際には払いすぎているのかがわかることになりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。


バナースペース

相談無料

メールフォームへ



とやま市民事務所のサイトへ

富山で債務整理

〒939-2251
富山県富山市下大久保3260番地
(司法書士とやま市民事務所)

TEL 076-467-5525
→アクセス

事務所の周辺地図

※富山インターチェンジから
 飛騨高山方面へ車で9分

※駐車場完備

代表のブログへ

スマホ用はこちらへ