本文へスキップ

富山で債務整理|とやま市民事務所に依頼して請求・督促をストップ!分割支払い可能

電話は0120-987-501

債務整理について >> 貸金業者の側から過払い金を教えてくれますか?

貸金業者の側からは過払い金を教えてくれません

貸金業者の側から過払い金の存在を教えてくれません

通常の買い物の場合、売っている値段よりも多く支払いをしてしまった場合には、多く受取りすぎたお店はお客さんに対して、自ら進んで多く受け取ってしまったと、その分の返金をしてくれます。
しかし、貸金業者の場合にはこちらから「いくら利息を払いすぎているので返してください」と請求しなければ返してくれません。
もちろん「あなたは利息を払いすぎていました」と教えてくれることもありません。

「もう返済はしなくてもよい」と言われた場合

ご相談においでになるお客様の中には、返済が苦しくなったという場合に、貸金業者の側から「もう返済はしなくてもいいです」や「元本だけ返してくれればいいです」といった事を言われるお客様もいらっしゃいます。
普通に考えて貸金業者が自らに不利な提案を行なうことは考えづらいので、このような提案をされた場合には、計算し直すとすでに債務はなくなっていて、過払いの状態にある可能性が高いと考えられます。
実際、当事務所にご相談においでになったお客様の中の、貸金業者から「あとは元本だけ返してくれればいい」と言われた方は、80万円の債務が残っていると思っていたのに、利息制限法に基づく計算をしてみますと120万円の過払いだったという事例もあります。

武富士の場合

武富士の場合には、破綻した後に過払いのお客様に対して、武富士側が利息制限法に基づく計算を行ない、「債権届出書」を送ってくることによって、過払い金の額を教えてくれましたが、すでに破綻してしまった後だったので、ほんの数パーセント(3.3%)しか、過払い金を受け取ることができませんでした。

一度ご相談ください

上記のような理由から、貸金業者が「もう返済はしなくてもいいです」「元本だけ返してくれればいいです」と言ってきたお客様におかれましては、一度当事務所にご相談いただければと存じます。

バナースペース

相談無料

メールフォームへ



とやま市民事務所のサイトへ

富山で債務整理

〒939-2251
富山県富山市下大久保3260番地
(司法書士とやま市民事務所)

TEL 076-467-5525
→アクセス

事務所の周辺地図

※富山インターチェンジから
 飛騨高山方面へ車で9分

※駐車場完備

代表のブログへ

スマホ用はこちらへ