本文へスキップ

富山で債務整理|とやま市民事務所に依頼して請求・督促をストップ!分割支払い可能

電話は0120-987-501

債務整理について >> 自己破産と自由財産

自己破産と自由財産

自己破産を行なうと、基本的には自己破産を行なった方の財産を換価(お金に換えること)して、各債権者に分配することになります。
しかし、自己破産を考えられる方は財産の無い方も多くいらっしゃいます。
自己破産を行なった場合にも、換価する必要の無い財産を
【自由財産】と言いまして、その自由財産に関しては、自己破産を行なった場合でも持ち続ける事ができます。
以下はその自由財産に関する説明です。

@ 99万円までの現金

A 差押禁止財産

B 残高が20万円以下の預貯金

C 返戻金の見込額が20万円以下の保険の解約返戻金


D 処分見込額が20万円以下の自動車

基本的には、ガリバーなどの査定書を付けますが、新車価格300万円までの自動車でかつ初年度登録から7年経過している場合には、その旨を疎明することになります。

E 居住用家屋の敷金債権

F 電話加入権


G 支給見込額の8分の1相当額が20万円以下である退職金債権

定年が間近などの場合には、4分の1相当額の場合も考えられます。

H 支給見込額の8分の1相当額が20万円を超える退職金債権の8分の7

10 家財道具

仮に各項目の内、20万円を超える項目があった場合でも、自由財産拡張の申し出を行なうことによって、自由財産と認められる場合があります。


バナースペース

相談無料

メールフォームへ



とやま市民事務所のサイトへ

富山で債務整理

〒939-2251
富山県富山市下大久保3260番地
(司法書士とやま市民事務所)

TEL 076-467-5525
→アクセス

事務所の周辺地図

※富山インターチェンジから
 飛騨高山方面へ車で9分

※駐車場完備

代表のブログへ

スマホ用はこちらへ