本文へスキップ

富山で債務整理|とやま市民事務所に依頼して請求・督促をストップ!分割支払い可能

電話は0120-987-501

債務整理について >> 自己破産に関する誤解

自己破産に関する誤解

Q:住民票や戸籍に自己破産したという情報が記載されるのが心配です

A:自己破産の情報が住民票や戸籍に記載されることは、絶対にありません。

Q:選挙権が無くなるんじゃないですか?

A:自己破産をしたからといって、選挙権がなくなることはありません。

Q:家族や友人・周りの人に迷惑がかかるんじゃないか心配です

A:それらの人が保証人になっていない限り、家族や友人が破産者の借金を支払う必要はありませんので、迷惑がかかることもありません。

Q:自己破産をしたら会社をクビになるんじゃないか

A:会社からの借金がなければ、自己破産をしたことが会社にバレる恐れは少ないでしょう。
そもそも、自己破産をしたからといって、会社を辞めさせられることはありません。

Q:自己破産をすると、年金や生活保護を受けられないのでは?

A:自己破産をしても年金や生活保護は問題なく受給できます。

Q:自己破産をすると一生住宅ローンも組めなくなるんじゃない

A:信用情報機関の有する、破産者の信用情報に7年間記載されると言われていますので、その間は住宅ローンを組むことは難しいですが、信用情報から削除された後は、借入れやクレジットカードの作成ができるようになります。
7年間は頭金を貯める期間とお考えください。

Q:自己破産なんて誰もしていないのに恥ずかしい

A:年度によって差はありますが、毎年10万人を超える人数の人々が破産を行ない、再スタートを切っています。

司法統計検索システムのページへ司法統計検索システムのページへ(民事・行政事件の地方裁判所にページに破産の事件数が載っています)

Q:自己破産をすると子供が就職できないのではないか心配

A:親が自己破産をしても子供が就職できなくなることはありません。

Q:自己破産すると、銀行などの金融機関と一切取引ができないのではないですか

A:自己破産をすると一定期間ローンを組むことはできなくなりますが、債権者となっていない銀行の口座開設や預金・光熱費などの口座引き落としは行なうことができます。

Q:自己破産すると結婚できなくなるのではないか心配

A:破産したからといって、結婚できなくなることはありません。

バナースペース

相談無料

メールフォームへ



とやま市民事務所のサイトへ

富山で債務整理

〒939-2251
富山県富山市下大久保3260番地
(司法書士とやま市民事務所)

TEL 076-467-5525
→アクセス

事務所の周辺地図

※富山インターチェンジから
 飛騨高山方面へ車で9分

※駐車場完備

代表のブログへ

スマホ用はこちらへ