本文へスキップ

富山で債務整理|とやま市民事務所に依頼して請求・督促をストップ!分割支払い可能

電話は0120-987-501

債務整理について >> 個人再生とクレジットカードの関係

個人再生とクレジットカードの関係credit card

皆さまは減額報酬という言葉を聞いたことがおありでしょうか?

クレジットカードでの借金も個人再生の対象

個人再生を行なう場合には、クレジットカードに基づく借金も裁判所に届け出る必要がありますので、いつも使用しているクレジットカードだからといって、そのクレジットカード会社を除いて個人再生を行なうことは債権者平等の原則に反することになりますので、全ての借金を裁判所に届け出る必要があります。

クレジットカードが使えなくなるか

そのクレジットカードの状況によって以下のように異なってきます。

@ クレジットカードを使っての借金や買い物をしていた場合

借金の状況を確かめる必要がありますので、個人再生のご依頼いただきました段階でクレジットカードを預からせていただきます。
加えて、受任通知がカード会社に届いた段階で、クレジットカードは使えなくなります。

A 使っていないクレジットカードがあった場合

受任通知の段階で信用情報に事故情報として記載されますし、個人再生を申し立てた段階でも官報情報として記載されますので、すぐにではないにしても近い段階でクレジットカードは使えなくなります。
個人再生の依頼の後、裁判所への申し立ての前までの間に、クレジットカードによる買い物や借金を行なった場合、返済できないのにクレジットカードを利用したのではないかと思われてしまいますので、支払えないと思った段階でクレジットカードの使用は止める必要があります。

B 新たにクレジットカードを作りたい場合

クレジットカード会社によって異なりますが、

@ 個人再生を申し立てようと考えている段階ではクレジットカードを作るべきではありません。
A 個人再生の手続き中にも、クレジットカードを作るべきではありませんが、そもそも作ることができないと思われます。
B 弁済期間が満了し個人再生の手続きが終わった場合に、またクレジットカードを作成したい場合でも7年から10年官報に基づく情報を信用情報機関は保有していますので、クレジットカードを作成したい場合のクレジットカード会社からの照会には個人再生した旨の情報が回答されるものと思われます。

しかし、消費者側の属性(勤務先や年収など)によっては個人再生後2、3年でクレジットカードをまた作ることができたとの事例もありますので、個人再生が終わった方に関してはとりあえずクレジットカードの申し込みを行なってみることもできるでしょう。

クレジットカードの無い生活をどうやって乗り切るか

時々ご相談を受けていますと、ガソリン代をクレジットカードで支払っているとか、ETCカードが使えなくなるのは困るといった思いをお聞きすることがあります。

現金で支払う

個人再生の申立てを行ないますと、支払いが一時的にストップしますので、今まで返済に充てていたお金を貯めておくことができます。
その貯金を用いて、物を買う。
手元にあるお金の範囲内で生活を行なう。
といった生活スタイルに改めることで、新たな借金を作らなくてすむことになります。

前払い式のETCカードを使う

クレジットカードに付随したETCカードは作れませんが、前払い式のETCカードであれば作ることができます。
デポジットとして数万円入れる必要がありますが、個人再生で債務が圧縮することに比較したら一考の価値があることでしょう。

デビットカードを使う

貯金から支払うことができるデビットカードであれば、多額の現金を持ち歩く必要もないので、安心して使用することができます。

バナースペース

相談無料

メールフォームへ



とやま市民事務所のサイトへ

富山で債務整理

〒939-2251
富山県富山市下大久保3260番地
(司法書士とやま市民事務所)

TEL 076-467-5525
→アクセス

事務所の周辺地図

※富山インターチェンジから
 飛騨高山方面へ車で9分

※駐車場完備

代表のブログへ

スマホ用はこちらへ