本文へスキップ

富山で債務整理|とやま市民事務所に依頼して請求・督促をストップ!分割支払い可能

電話は0120-987-501

債務整理について >> 自動車ローンと債務整理

自動車ローンと債務整理

自動車ローンを抱えているお客さまの中には、債務整理を行なうと自動車を手放さなければならないと考えて、債務整理を行なうことを躊躇(ちゅうちょ)される方がおられます。

所有権留保特約

通常、自動車ローンの契約書には「所有権留保」特約という条項が記載されていますので、自動車ローンを払い終えるまでは、所有権が自動車の販売会社か自動車ローンの信販会社が持っていることになります。
そのため、自動車ローンの債権者に債務整理の通知を出すと、自動車を返却(回収)させていただきますとの連絡が入ることになります。

自動車の売却

自動車が信販会社などに回収されて、売却された場合、売却代金(回収費用などを引いた額)を返しても、自動車の購入代金債務を返し終えることができない場合には、その残額に関して債務整理を行なうことになります。

同じ債権者に自動車ローンと他のローンの両方が存在する場合

自動車ローンは普通に支払っていって、他のローンだけ債務整理の対象とすることができるかに関しては、債権者によって異なってきます。
信販会社の中には、債務整理の通知を受けた場合でも、自動車ローンに関しては対象とすることなく、従来通りの支払いを続けることができる債権者もいます。

各種手続きと自動車ローン

任意整理

任意整理の場合には、どの債権者に属する債務を債務整理の対象にするかを選べますので、自動車ローンに関する債務だけ、債務整理の対象から除外することも可能です。

個人再生

個人再生の場合には、全ての債権者に属する債務が対象となりますので、原則的には自動車が回収された後、債務が残るようであれば、その残債務額に関して、再生計画に基づいて減額されることになります。

自己破産

自己破産の場合には、全ての債権者に属する債務が対象となりますので、原則的には自動車が回収された後、債務が残るようであれば、その残債務額に関して免責を求めていくことになります。

バナースペース

相談無料

メールフォームへ



とやま市民事務所のサイトへ

富山で債務整理

〒939-2251
富山県富山市下大久保3260番地
(司法書士とやま市民事務所)

TEL 076-467-5525
→アクセス

事務所の周辺地図

※富山インターチェンジから
 飛騨高山方面へ車で9分

※駐車場完備

代表のブログへ

スマホ用はこちらへ